Back to Home

第3話[終劇]全ての真相が白日の下に……終焉に続く、新たなる旅立ち!

遂に、遂に完結です!終盤になってカーアクション巨編と化した本作、最期の最期まで息はつかせない!

前回、トランクに岩戸紗英を乗せた自動運転車・アスカ号が遂に暴走を開始。大型車軍団に阻まれた有華と緒方は絶望の淵に追い込まれます。しかし……緒方のビジョンには漆黒の幻影が……? ……そして、岩戸の過去と現在がつながる時、有華のエキシージが最後の大勝負に打って出る!

一方、都内某所では緒方の上司・飯島警視があの男と直接対決に挑みます。果たして真相は? 犯人は逮捕できるのか? 丁々発止の駆け引きの果てに、な、なんと……あの謎人物がベールを脱ぎ、最期の突破口が開かれるっ(←なんのこっちゃ、さっぱりわからんぜ!)…………要するに、ここでネタバレするわけにもいかないのだよ……と、とと、とにかく読者に捧げる東京試炸例・怒濤のエンディング第3話(十八―2)~(二十二)……読んで、興奮して、そして、もしかしたら泣いてもいいんだよ……!

追伸:昨年12月から始めた毎週連載、いろいろありましたが、なんとかやり遂げることができました。いつも応援ありがとうございます。それでは常連のみなさま、ツイッター感想合戦であいませう〜♬


Kohsaka&Yuka


Leave a Reply